November 28, 2019 / 10:03 PM / 15 days ago

仏PSA、長安汽車との中国合弁の持分売却を計画

28日、フランスの自動車大手PSAは、中国の長安汽車<000625.SZ>との合弁事業における持分50%の売却に向けて準備していることを明らかにした。写真はPSAの工場。10月31日撮影(2019年 ロイター/Charles Platiau)

[パリ/北京 28日 ロイター] - フランスの自動車大手PSA(PEUP.PA)は28日、中国の長安汽車(000625.SZ)との合弁事業における持分50%の売却に向けて準備していることを明らかにした。

長安汽車は11月上旬の当局への提出文書ですでに、PSAとの合弁における自社の持分の売却先を模索していることを示唆していた。

両社は2011年に合弁を立ち上げ、PSAのブランド「DS」を製造しているが、販売不振に陥っている。

PSAの広報担当者は、同社も持分売却を計画していることを明らかにした。ただ、中国でのDSブランドの販売は継続したいとの考えを示した。具体的な方法には言及しなかった。

同担当者は「両社はそれぞれの持分売却を計画している」とした上で、「中国におけるDSのプレゼンスと展開は変わらない。向こう数週間もしくは数カ月中に新たな戦略を提示する」と述べた。

PSAの2018年中国販売台数は32%減の26万2583台と減少が続き、数年前に設定した年間100万台の目標を大きく下回っている。

長安汽車による最新の当局提出文書によると、同社は16億3000万元(2億3200万ドル)以上での持分売却を目指している。同社のコメントは得られていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below