for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仏PSA、第3四半期は自動車部門が増収に転じる

10月28日、フランスの自動車大手PSAグループが発表した第3・四半期決算は売上高が前年同期比0.8%減の155億ユーロ(183億ドル)となった。ただ中核の自動車部門はロックダウン(都市封鎖)による低迷から回復した。写真はPSAのロゴ。仏パリ近郊で2月撮影(2020年 ロイター/Benoit Tessier)

[パリ 28日 ロイター] - フランスの自動車大手PSAグループPEUP.PAが28日発表した第3・四半期決算は売上高が前年同期比0.8%減の155億ユーロ(183億ドル)となった。ただ中核の自動車部門はロックダウン(都市封鎖)による低迷から回復した。

ジェフェリーズのアナリストによると、売上高は予想を大幅に上回った。

自動車部門の売上高は1.2%増の120億ユーロとなった。上半期の35.5%減から増加に転じた。自動車販売台数はディーラーが営業を再開したにもかかわらず減少したが、高価格モデルが好調で増収を確保した。

2019─21年の自動車部門の調整後営業利益率を4.5%以上とする目標を維持した。今年はキャッシュフローがプラスになる可能性が高いとしている。

「プジョー」を傘下に持つPSAは来年第1・四半期にフィアット・クライスラー(FCA)FCHA.MIと経営統合し、世界4位の自動車メーカー「ステランティス」となる見込み。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up