February 26, 2020 / 11:18 AM / 5 months ago

仏PSA、19年通期は13.2%増益 売上高が予想上回る

[パリ 26日 ロイター] - 「プジョー」を傘下に持つ仏自動車大手PSAグループ(PEUP.PA)が発表した2019年通期決算は、連結純利益が13.2%増の32億ユーロと、記録的な高水準だった。

2019年の1株配当は前年比58%増の1.23ユーロ。

売上高は1%増の747億ユーロ(812億ドル)と、予想を上回った。販売台数は減少したものの、「シトロエンC5エアクロス」など利益率の高いスポーツ用多目的車(SUV)の売り上げが寄与した。

2019年の営業利益率は8.5%と記録的な高水準。傘下の「オペル」「ボクスホール」との事業統合を進めることで調達費などのコストを削減した。

PSAは昨年12月、欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)(FCHA.MI)との合併で合意。世界4位の自動車メーカーが誕生する。

PSAは今年の欧州の乗用車市場が3%縮小するとの見通しも示した。

PSAの財務担当幹部は、新型コロナウイルスの感染拡大について、現時点で影響を判断するのは難しいと指摘。同社の湖北省武漢市の工場は3月第2週に操業を再開する予定という。

中国では新型ウイルスの発生前から乗用車販売が減少しており、PSAは2019年に中国で合計7億ユーロの損失・評価損を計上している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below