May 24, 2019 / 3:26 AM / 25 days ago

サッカー=PSG会長を調査、世界陸上招致で不正関与疑惑

 5月23日、サッカーのフランス1部、PSGのナセル・ヘライフィ会長が、陸上世界選手権のドーハ招致の不正に関与した疑いがあるとして、正式に調査されていることが分かった。英マンチェスターで2月撮影(2019年 ロイター)

[パリ/ドーハ 23日 ロイター] - サッカーのフランス1部、パリ・サンジェルマン(PSG)のナセル・ヘライフィ会長(45)が、陸上の世界選手権のドーハ招致の不正に関与した疑いがあるとして、正式に調査されていることが分かった。同会長の弁護士が23日に明かした。

ヘライフィ会長は2017年の招致に関わったとされ、情報筋の話によると、同会長は3月に参考人として聴取を受けていた。17年はロンドンに敗れたが、今年のドーハ大会招致に成功。9月末から10月にかけて開催される予定となっている。

同会長の弁護士はロイターに対し、「ナセル氏はまったく関わっていない。彼の名前は手続きに関するどのファイルにも載っていない」とコメントしている。

ヘライフィ会長は、カタールのスポーツとスポーツイベントに深く関わっており、カタール・スポーツ・インベストメントと同国のテニス連盟会長を兼任。さらに、PSGの会長でもあり、カタール政府の無任所大臣も務める。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below