December 24, 2017 / 11:38 PM / 7 months ago

インタビュー:カタルーニャ前州首相、スペインに帰国容認求める

[ブリュッセル 23日 ロイター] - スペイン北東部カタルーニャ自治州の議会選挙で独立派が過半数を維持したことを受けて、独立派を率いるプチデモン前州政府首相は滞在先のベルギーでロイターのインタビューに応じ、スペイン政府に早期の帰国を認めるよう訴えた。

 12月23日、スペイン北東部カタルーニャ自治州の議会選挙で独立派が過半数を維持したことを受けて、独立派を率いるプチデモン前州政府首相は滞在先のベルギーでロイターのインタビューに応じ、スペイン政府に早期の帰国を認めるよう訴えた。ブリュッセルで撮影(2017年 ロイター/Eric Vidal)

プチデモン氏に対しては、10月にカタルーニャ州独立の是非を問う違法な住民投票を強行したとして、逮捕状が出ている。

同氏はインタビューで、「できるだけ早期にカタルーニャに帰りたい。今すぐ帰りたい。スペインにとって良いニュースとなるはずだ」と強調。

改選後のカタルーニャ州新議会は1月23日までに開会する必要がある。プチデモン氏は開会までに帰国するのが「自然だ」と述べ、自身が州首相に就任することを認められなければスペインの民主主義体制にとって「極めて異常な事態」になるとした。

「スペイン政府が議会選の結果を尊重するならば、私は州首相を続ける」と語った。

同氏はまた、スペインのラホイ首相がカタルーニャに関して行う提案には、独立を認める内容でなくても耳を傾ける用意があると表明。

ラホイ氏は選挙から一夜明けた22日、カタルーニャ自治州政府との対話に前向きな姿勢を示したが、新議会が選出する州首相が対話相手になると言及し、プチデモン氏の早期会談の要求には応じないことを示唆した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below