Reuters logo
サッカー=プーチン大統領、W杯への準備に満足
2017年10月4日 / 02:46 / 20日前

サッカー=プーチン大統領、W杯への準備に満足

[モスクワ 3日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は3日、サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)について、会場となるスタジアム建設の遅延が懸念される中、準備の概況には満足していると明かした。

 10月3日、ロシアのプーチン大統領は、サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)について、会場となるスタジアム建設の遅延が懸念される中、準備の概況には満足していると明かした(2017年 ロイター/Sputnik/AlexeiNikolsky/Kremlin)

プーチン大統領は、来年開催の同大会準備についての会議で「これらの遅延は重大なものではない。今の段階で問題はないが、常に話している通り、最終段階で問題を解決することは最も難しい。気を抜けば、完ぺきに作業を遂行することはできない」と話した。

ロシアはW杯が行われる計12会場のうち4会場については、今年のコンフェデレーションズカップ(杯)でお披露目を済ませている。

だが、多くの会場はいまだ建設中で、大会準備は全力で行っているものの、様々な問題と遅延が発生しているとスポーツ大臣は話している。

収容人数4万5000人が予定されるサマラで建設中のスタジアムは、建設会社が8月の時点で30日の遅延と明かしている。

同大会は、来年6月14日─7月15日にかけて行われ、モスクワ、サンクトペテルブルク、カザン、ソチなどを含む11都市で開催される。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below