August 12, 2014 / 6:28 AM / 6 years ago

米飼い猫失踪にニシキヘビ犯行説、死骸もなく丸呑みか

 8月11日、米フロリダ州ポートセントルーシーで、9カ月前から相次ぎ起きていた飼い猫の失踪をめぐり、地元警察が捕まえたニシキヘビの「犯行」との見方が広がっている。提供写真(2014年 ロイター/Port St. Lucie Police Department)

[オーランド(米フロリダ州) 11日 ロイター] - 米フロリダ州ポートセントルーシーで、9カ月前から相次ぎ起きていた飼い猫の失踪をめぐり、地元警察が捕まえたニシキヘビの「犯行」との見方が広がっている。死骸などその後の行方を示す痕跡は全くないという。

地元警察は8日、全長12フィート(約3.7メートル)の巨大なニシキヘビを捕まえた。警官らは、一連の猫の失踪はこのヘビのしわざだとみている。ヘビに詳しい警官の1人によると、このサイズまで巨大化するかなり前に、飼い主がニシキヘビを野放しにしたもよう。

飼い猫7匹のうち、5匹が姿を消したというパメラ・ディノラさんは「多くの謎がこれで解決する」とコメント。11月に最初の1匹が姿を消した際にはアライグマを疑ったが、今月8日に隣人の飼い猫に巻きつくニシキヘビを見つけたという。

地元警察の当局者によると、州野生生物当局がニシキヘビの飼い主を探している。

*見出しを変更して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below