Reuters logo
第3四半期の独GDP改定値、前期比+0.8%増 輸出好調
November 23, 2017 / 4:01 PM / in 24 days

第3四半期の独GDP改定値、前期比+0.8%増 輸出好調

[ベルリン 23日 ロイター] - ドイツ連邦統計庁が発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)改定値は前期比0.8%増、前年比2.3%増で、ともに速報段階から変わらずだった。

輸出や企業投資の伸びが成長のけん引役となった。輸出は1.7%増。輸入は0.9%増。差し引きで成長の約半分に寄与した格好だ。企業の設備投資は1.5%増。一方、家計支出は0.1%減少した。

政治的には足元、連立協議が決裂するなど、不安定化の動きもみられるが、INGのエコノミストは「経済に及ぼす短期的な影響はゼロに近い」とした上で「経済には前向きな勢いがかなりあり、低金利やユーロ安といった要因も有利に働くだろう」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below