June 12, 2020 / 3:13 AM / a month ago

サッカー=カタールW杯スタジアム建設従事者、報酬未払い

 国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは、サッカーの2022年W杯カタール大会のスタジアム建設において、労働者への報酬が数カ月未払いだったと批判した。ドーハで2019年12月撮影(2020年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[ドバイ 11日 ロイター] - 国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは、サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会のスタジアム建設において、労働者への報酬が数カ月未払いだったと批判した。

アムネスティは、下請け企業カタール・メタ・コーツ(QMC)が約100人の従業者に対し、最長7カ月の給与未払いがあったという報告書を出した。

また、アムネスティによると、QMCはカタールで働くほとんどの外国人労働者の居住許可を更新していない。労働者への聞き込みで、仕事に従事するために900ドル(約9万6000円)から2000ドルの手数料を代理店に支払っていることも明らかになった。

これを受け、大会主催者は11日、QMCを建設プロジェクトから除外し、W杯関連計画への関与も禁止したと発表した。QMCはコメントを控えている。

アムネスティは主催者についても、労働福祉基準が不正を防ぎ、的確な救済案を示すには不十分と非難し、同じく国際サッカー連盟(FIFA)に対しても22年W杯に関連する人権侵害を深刻に捉えていなかったと糾弾した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below