for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

クアッド首脳によるコミットメント、極めて重要な意義=松野官房長官

 松野博一官房長官は24日午後の会見で、日米豪印4カ国の協力枠組み「クアッド」による首脳会合に関して、東京から世界に対して4首脳のコミットメントを強く発信することができ、極めて大きな意義があるとの見解を示した。写真は会合の様子。代表撮影(2022年 ロイター)

[東京 24日 ロイター] - 松野博一官房長官は24日午後の会見で、日米豪印4カ国の協力枠組み「クアッド」による首脳会合に関して、東京から世界に対して4首脳のコミットメントを強く発信することができ、極めて大きな意義があるとの見解を示した。

松野官房長官は、4カ国の首脳が幅広い範囲における協力の進展を確認したと指摘。今後も地域の気候変動対策、海洋状況の把握能力の向上や衛星データの活用などで新たな協力を進めることも確認したと説明した。

また、今回の首脳会合の成果の1つとして、ウクライナ情勢を含めた国際情勢、地域情勢を巡り、力による一方的な現状変更をいかなる地域においても許してはならないことで一致したと話した。国連におけるロシアのウクライナ侵攻を非難する決議に棄権したインドが、クアッド首脳会合の中で一定の歩み寄りを示したとの認識をにじませた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up