November 15, 2018 / 4:34 AM / a month ago

英女王がチャールズ皇太子の70歳誕生会主催、乾杯の音頭取る

 11月14日、英エリザベス女王(92)は、70歳を迎えた息子チャールズ皇太子のためバッキンガム宮殿で家族と友人を招いて誕生パーティーを主催し、自らも出席した。写真は9月撮影の提供写真(2018年 ロイター/Chris Jackson/Getty Images/Clarence House)

[ロンドン 14日 ロイター] - 英エリザベス女王(92)が14日、70歳を迎えた息子チャールズ皇太子のためバッキンガム宮殿で家族と友人を招いて誕生パーティーを主催し、自らも出席した。

女王は、「息子の70歳の誕生日に祝杯をあげられることは、すべての母親にとって名誉なことだ。それは、子どもの成長を見届けるまで長生きできたということであり、この比喩は気に入ってもらえると思うが、植えた木の成長を見守るようなものだ」と述べた。

チャールズ皇太子は、女王即位の4年前に当たる1948年11月14日、女王とフィリップ殿下の長男としてバッキンガム宮殿で誕生。気候変動や建築、農業などの問題に関与し、しばしば伝統的な見方とは異なる意見を述べる存在となっている。

乾杯の音頭を取った女王は、皇太子が有機の食品と農業推進を目指して1990年に設立したダッチー・オリジナルズ社に触れて冗談を交えつつ、皇太子の功績を賞賛。「(皇太子の)70年の人生で、フィリップ殿下と私はチャールズが環境保護(活動)と芸術の擁護者となる姿を見てきた。慈悲深い指導者であり、歴史から見ても、献身的で敬意を持たれている王位継承者であり、また素晴らしい父親でもある」と述べた。

さらに、「何よりも、カミラ夫人に支えられ、(皇太子は)自分本来の人物であり、情熱的で創造的な人物だ。だから、この乾杯は、どの点からも『ダッチー・オリジナル』である息子の誕生日を祝うものだ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below