for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

韓国カカオ、米国のウェブ小説・漫画2アプリを9.5億ドルで取得へ

[ソウル 11日 ロイター] - 韓国のインターネット大手カカオ傘下のカカオエンターテインメントは11日、米国拠点のウェブ漫画アプリ「タパス」とウェブ小説アプリ「ラディッシュ」をそれぞれ5億1000万ドルと4億4000万ドルで取得すると発表した。

カカオエンターテインメントのイ・ジンス最高経営責任者(CEO)はロイターに対し、知的財産権ビジネスを通じて北米市場に本格参入していくとし、同社の韓国や日本での成長モデルは米国や他の英語圏でも通用すると判断したと語った。

カカオのウェブ漫画は韓国と日本で人気を集めており、同社の漫画アプリ「ピッコマ」はゲーム以外のアプリとしては日本で最も売り上げが大きいアプリの一つとなっている。

ラディッシュ創業者兼CEOのSeungyoon Lee氏はロイターに対し、カカオは連載小説の知的財産権、映画制作会社、芸能事務所、Kポップアーティストのレーベルや関連コンテンツ企業を所有し、一つの知的財産権を多方面のビジネスに活用できる「特異性」を持つと指摘。ウェブ小説をオンライン漫画化し、さらにテレビドラマ化や映画化につなげることが可能だと語った。

ラディッシュの過去の資金調達ラウンドには、カカオのほか、ソフトバンクグループの投資部門も参加していた。

先月には韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)が所属する韓国の大手芸能事務所HYBEが米音楽プロデューサーのスクーター・ブラウン氏がCEOを務めるイサカ・ホールディングスの買収を発表するなど、韓国エンターテインメント企業の北米進出が相次いでいる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up