February 19, 2016 / 8:58 AM / 3 years ago

米加州高速鉄道、カーン郡─サンノゼ路線を2025年までに開業へ

[サンフランシスコ 18日 ロイター] - カリフォルニア州高速鉄道局(CHSRA)は18日、同州南部のセントラルバレーとハイテク企業が集まるシリコンバレーを結ぶ高速旅客鉄道の第1路線区間の開業は、今後10年以内に実現すると発表した。

先行開業路線として当初予定されていたマーセド─バーバンク区間はカーン郡─サンノゼ区間に変更され、完工年も2022年から25年までに変更された。

総建設費として見込まれる198億ドルについては、手元資金でまかない、連邦政府から追加資金が得られた場合は、同路線の南端の終点をベーカーズフィールドまで延伸する費用として一部を計上するとしている。

ロサンゼルス─サンフランシスコ間を3時間以内で結ぶ高速鉄道は2029年までに全線の開通が予定され、CHSRAは最新の草案で総工費を680億ドルから641億ドルに下方修正した。

同草案には連邦政府に追加資金29億ドルを要請する意向も反映された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below