January 23, 2018 / 3:29 AM / a month ago

最低映画選ぶラジー賞、「トランスフォーマー」が最多9ノミネート

[ロサンゼルス 22日 ロイター] - 映画界の「最低」を選ぶゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)の候補が22日発表され、「トランスフォーマー/最後の騎士王」が最多となる9ノミネートを獲得した。

実写版トランスフォーマーシリーズの第5作目となる同作では、マーク・ウォールバーグや名優アンソニー・ホプキンスなど出演キャストも候補にあげられた。

最低作品としては、「フィフティ・シェイズ・ダーカー」、「ベイウオッチ」、「絵文字の国のジーン」(日本公開2月17日)、「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」もノミネートされた。

最低男優候補の常連、ジョニー・デップは「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」で選ばれた。

賛否両論巻き起こったホラー映画「マザー!」からは、オスカー女優のジェニファー・ローレンスとダーレン・アロノフスキー監督が候補になった。

トム・クルーズ(ザ・マミー/呪われた砂漠の王女)やメル・ギブソン(Daddy’s Home 2)も候補入りした。

ラジー賞各賞は、アカデミー賞授賞式の前日となる3月3日に発表される。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below