Reuters logo
豪中銀、賃金上昇ペース巡る不透明感を警戒=議事要旨
2017年11月21日 / 01:01 / 22日前

豪中銀、賃金上昇ペース巡る不透明感を警戒=議事要旨

[シドニー 21日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)は21日、今月に開いた理事会の議事要旨を公表した。政策金利を据え置いた同理事会では、賃金やインフレの上昇ペースを巡る「相当な不透明感」に警戒感が示されたことが明らかになった。

 11月21日、オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)は、今月に開いた理事会の議事要旨を公表した。写真は2月にシドニーのRBAビル前で撮影(2017年 ロイター/Steven Saphore)

議事要旨によると、理事会メンバーは高水準の家計債務を背景に国内の消費者物価と賃金が抑制されていることを議論。「メンバーは賃金圧力がいつ現れるのか、どのくらいの速さで現れるのか、そしてこれらがインフレ圧力をどの程度増大させるのかについて相当な不透明感があると指摘した」という。

議事要旨は「特に、激しい競争に伴うマージンへの圧力や予想を上回る生産性の伸びは、一段と引き締まる労働市場の環境がインフレ圧力に波及するのを遅らせる可能性がある」とした。

また議事要旨によると、鉱業部門の低迷による景気押し下げ効果が衰え、輸出が勢いを増す中、豪中銀は国内経済が向こう数年にかけて3%前後の成長率になると予想。メンバーは豪ドルの一段の上昇がこうした予想に影響を及ぼす可能性があると指摘した。

*内容を追加しました

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below