June 13, 2018 / 5:34 AM / 6 months ago

豪中銀総裁、住宅価格鈍化は「懸念の必要ない」

 6月13日、オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)のロウ総裁は、住宅価格の鈍化について懸念する必要はないとの見解を示すとともに、最近の融資基準の厳格化は長期的なプラス要因だと指摘した。写真は内閣経済委員会で発言する同総裁。2016年9月にシドニーで撮影(2018年 ロイター/Jason Reed)

[メルボルン/シドニー 13日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)のロウ総裁は13日、住宅価格の鈍化について懸念する必要はないとの見解を示すとともに、最近の融資基準の厳格化は長期的なプラス要因だと指摘した。

総裁は「住宅価格がかつてほど伸びていないことを懸念する必要はない。下落に転じても問題はない」と述べた。そのうえで、シドニーとメルボルンの住宅価格は2014年の水準を依然として40%上回っていると説明。「長期的視点で捉える必要がある」と続けた。

また、「ここ数年で融資基準が大幅に強化され、米国がこれまで経験したような(債務)問題が起きていないことは、わたしに多少の安心を与える材料となっている」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below