December 4, 2018 / 4:39 AM / 13 days ago

豪中銀が政策金利を1.50%に据え置き、国内景気を楽観

[シドニー 4日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は4日、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを過去最低の1.50%に据え置くことを決定した。直前の四半期の国内総生産(GDP)が3%超の伸びになると予想される中、国内の経済活動に対して楽観的な見方を示した。

 12月4日、オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを過去最低の1.50%に据え置くことを決定した。写真はシドニーで2009年10月撮影(2018年 ロイター/Daniel Munoz)

据え置きは市場の予想通り。ロイター調査では、アナリスト43人中42人が据え置きを予想していた。[nL4N1Y52CS]

中銀は2016年8月に物価押し上げを狙って政策金利を現在の水準に引き下げて以来、金利据え置きを継続。経済成長とインフレの回復を期待している。

ロウ総裁は声明で「豪経済は順調に推移している」との見解を示した一方、失業率のさらなる低下が予想されているとした。

ただ、中銀が2年にわたり金利据え置きを続けている主因である消費者物価の低迷は続いており、政策立案者らは利上げを急ぐ姿勢を示していない。市場も、2020年まで利上げを完全には織り込んでいない状態だ。

ロウ総裁は声明で「失業率のさらなる低下とインフレ率の目標水準への回帰が予想されている。ただ、そのペースは緩やかである可能性が高い」と述べた。

さらに「家計所得の伸びは依然低水準で、債務の水準は高い」中、「引き続き不透明要因の1つとなっているのは家計消費の見通しだ」と述べた。

一部のエコノミストは、賃金上昇率は2%前後にとどまると予想。個人消費の低迷が国内経済へ徐々に悪影響を及ぼすかもしれないと懸念する。

5日発表予定の7─9月期の豪GDPは前期比0.6%増と、4─6月の0.9%増から鈍化する見通し。前年同期比では3.3%増と、4─6月の3.4%増から鈍化すると予想されている。

ANZのエコノミスト、フェリシティ・エメット氏は「RBAはこれまで、住宅価格下落の影響を一蹴することができた。家計所得の伸びが加速し、個人消費を十分に下支えするとの立場だ」と指摘。

ただ「住宅価格の低迷は加速しており、賃金の回復は遅く、消費も伸び悩んでいる。見通しはそれほど明るくないかもしれない」との見方を示した。

ただ、ロウ総裁は今年と来年の経済成長率が年3.5%になると予想。企業投資やインフラへの公共支出が支えになるとしている。

この日発表となった第3・四半期の政府支出(インフレ調整後)は1.1%増の1097億豪ドル(807億米ドル)だった。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below