Reuters logo
豪中銀、政策金利を据え置き 利上げ急がない方針示唆
2017年10月3日 / 03:46 / 20日後

豪中銀、政策金利を据え置き 利上げ急がない方針示唆

[シドニー 3日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は3日、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを1.50%に据え置くことを決定した。

 10月3日、オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを1.50%に据え置くことを決定した。写真はシドニーにあるRBAのビル前で昨年10月撮影(2017年 ロイター/David Gray)

据え置きは、市場の予想通り。

ロイター調査では、エコノミスト49人中48人が据え置きを予想していた。

欧米では金融緩和を縮小する動きが出ているが、豪中銀は低インフレ・通貨高への対応を進めており、利上げを急がない方針を示唆した。

中銀は、賃金の伸び悩みと豪ドル高に懸念を表明。「これが生産と雇用の見通しの重しとなっている」とし、「通貨高が進めば、現在の予想以上に経済活動・インフレの回復ペースが鈍るとみられる」と指摘した。

中銀の声明発表を受け、豪ドルは0.4%下落。2カ月半ぶりの安値となる1豪ドル=0.7792米ドルまで値下がりした。

豪ドルは年初から8%以上値上がりしている。

中銀はデフレリスクを抑制するため、前回、昨年8月に利下げを実施したが、消費者物価は伸び悩んでおり、目標レンジの2─3%上昇を下回っている。

ただ、家計債務は、賃金を上回るペースで拡大、可処分所得の190%と過去最高に達しており、中銀は追加利下げには消極的な姿勢を示している。

ロウ総裁は先月、政策金利を当面据え置く方針を示した。

先物市場<0#YIB:>は来年初めの利上げの可能性は低いと予測。来年半ばまでの25ベーシスポイント(bp)利上げの可能性は完全に織り込まれている。

総裁はパースでの会合で「金利は上昇する可能性のほうが高い。しばらくはその可能性はないが、金利上昇に備えるべきだ」と発言。「私はそれが経済にとって好ましい流れだと考えている」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below