for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪中銀、景気減速を警告 インフレ見通し大幅に引き上げ

[シドニー 5日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)は5日公表した金融政策に関する四半期報告で、インフレ率が30年ぶりの高水準に向かっているため追加利上げが必要だとし、大幅な景気減速につながり経済の安定維持が困難になると警告した。

オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)は5日公表した金融政策に関する四半期報告で、インフレ見通しを大幅に引き上げる一方、経済成長率見通しを下方修正した。写真は、シドニーのRBA本店の入り口付近の様子。2018年2月6日に撮影。(2022年 ロイター/Daniel Munoz)

インフレ見通しを大幅に引き上げる一方、経済成長率見通しを下方修正した。最終的に失業率が上昇することも予想した。

追加利上げを実施してもインフレ率が2─3%の目標の上限に戻るのは2024年終盤になる見通しで、厳しい状況が長く続くとみられる。

ロウ総裁は報告書の冒頭で「経済の均衡を保つ方法で、これ(インフレ抑制)を目指している」と述べた。その上で「この均衡を達成する道は狭く、かなりの不確実性に左右される」と指摘した。

中銀はすでに4カ月連続で利上げを実施。政策金利は過去最低の0.1%から1.85%と7年ぶり高水準に達している。

総裁は「理事会は政策正常化に向け今後数カ月で一段の措置を取る見通しだが、事前に決まった道筋はない」と述べた。

市場では、政策金利はクリスマスまでに3.0%に達し、来年4月に3.30%程度でピークを打つとみられている。

中銀は22年末の消費者物価指数(CPI)上昇率見通しを7.75%と5月時点の予想の5.9%から大幅に引き上げた。

コアインフレ率は22年末までに6%に達し、その後は緩やかに低下して24年終盤に3%になると予想した。

総裁は、こうした高インフレは賃金や物価の設定行動に影響するリスクがあるものの、これまでのところ中長期的なインフレ期待は2─3%の範囲で抑制されているとした。

22年の経済成長率見通しは3.25%と1%ポイント下方修正。23年と24年は約0.25%引き下げ1.75%とした。

総裁は「生活コストや金利の上昇、住宅価格の下落が経済成長と消費を圧迫する見通しだ」とした。

失業率は22年末までに3.25%に低下した後、徐々に上昇し24年末までに4%に達すると予想している。

賃金の伸びは22年に3.0%、23年に3.6%に加速する見込みだが、依然としてインフレ率を下回るとみられる。

これらの見通しは金利が22年末までに約3%に達した後、24年に若干低下するとの想定に基づいている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up