Reuters logo
豪中銀、政策金利を1.50%に据え置き 予想通り
2017年12月5日 / 04:09 / 7日前

豪中銀、政策金利を1.50%に据え置き 予想通り

[シドニー 5日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は5日、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを過去最低の1.50%に据え置くことを決定した。

 12月5日、オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は5日、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを過去最低の1.50%に据え置くことを決定した。写真はシドニーで3月撮影(2017年 ロイター/David Gray)

中銀の政策担当者らが当面の据え置き見通しを示唆していたことから、今回の決定は市場の予想通りだった。

ロイター調査によると、エコノミスト42人のうち41人が据え置きを予想していた。

インフレ率が低水準にとどまる中、金利据え置きは今回で15会合連続となった。

ロウ総裁は理事会後の声明で「低水準の金利は引き続き豪経済を支援している」との認識を示した。

この日発表された10月の小売売上高は前月比0.5%増と、市場予想(0.3%増)を上回り、5月以来の高い伸びを記録。心強い内容となった。

ただ、ウエストパックのエコノミストは「全般的には小売りに対する逆風が10月に幾分和らいだことを示している」とした上で、「短期的な見通しはポジティブというにはまだ程遠い。賃金の伸び悩みや住宅市場の減速が需要に影響を与える見込みで、新規参入者、特にアマゾンによって価格競争は激化する」との見方を示した。

豪中銀は家計消費の見通しが引き続き不透明要因と指摘している。

ただ、ロウ総裁は経済について楽観的な見方を示し、このとろこの雇用の拡大がいずれ賃金の伸びを押し上げ、インフレ率の上昇に寄与することに期待している。

総裁は、声明で「最近のデータは豪州経済が7─9月期までの1年にわたってトレンド成長率前後で拡大したことを示唆している。今後数年にわたって国内総生産(GDP)伸び率が平均で3%前後になるというのが中心的な予想だ」と述べた。

*内容を追加しました

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below