June 26, 2018 / 2:30 AM / 5 months ago

NZ中銀、国民に「分かりやすい」メッセージ発信へ

 6月26日、ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は、政策に関し、より「分かりやすい」メッセージを発信することに力点を置く方針を明らかにした。写真は同行の入り口。ウェリントンで2016年3月撮影(2018年 ロイター/Rebecca Howard)

[ウェリントン 26日 ロイター] - ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は26日、政策に関し、より「分かりやすい」メッセージを発信することに力点を置く方針を明らかにした。3月に就任したオア総裁は、諸外国の中銀が好む複雑な言い回しから脱却する姿勢を打ち出している。

中銀は今後3年の優先課題を示す声明のなかで「利害関係者の声に徹底的かつ頻繁に耳を傾けて、中銀の決定や行動を分かりやすく説明するという両方の機会を通じて、利害関係者とのコミュニケーションを強化する」方針を明らかにした。

また、ニュージーランド国民から中銀への理解を広く得るために、「より分かりやすく適切なメッセージ」を発するとした。

中銀は昨年の声明では、さまざまな経路を通じて「諸政策とその理由、中銀の活動による影響を幅広く伝達する」方針だと表明していたが、今年はさらに踏み込んだ。

同国経済は世界53位の規模しかないが、過去30年で、新たな政策手法や自由市場アプローチを積極的に採用する国として世界で認められるようになった。同国が採用したインフレターゲット政策は、すぐに世界的に広がった。

ロイター調査によると、中銀は28日に開く金融政策会合で政策金利を据え置く見通し。市場では、オア総裁が声明の文言を変更するかどうかが注目されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below