Reuters logo
サッカー=レアル監督、ロナルドら選手との結束を強調
2015年11月25日 / 01:42 / 2年前

サッカー=レアル監督、ロナルドら選手との結束を強調

[リビブ 24日 ロイター] - サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードのラファエル・ベニテス監督は24日、エースのクリスティアノ・ロナルドとの確執を報じられた件について否定し、選手たちとの結束に自信を示した。

 11月24日、サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードのラファエル・ベニテス監督は、エースのクリスティアノ・ロナルドとの確執を報じられた件について否定し、選手たちとの結束に自信を示した。20日撮影(2015年 ロイター/Susana Vera)

ベニテス監督は、ロナルドが同監督の下でプレーすることに不満を抱いていると報道されたことに対して「真実ではない。クリスティアノはとても一生懸命に取り組んでいるし、チームにとって重要な選手だ。ただ、個人に依存しないように努める」と語った。

今シーズンからレアルで指揮を執るベニテス監督は、首位バルセロナとの伝統の一戦「クラシコ」で0─4の大敗を喫して勝ち点6差をつけられ、さらに地元ライバルのアトレチコ・マドリードにも勝ち点2差で3位と不本意な結果で批判を受けている。

ベニテス監督は「(敗れた)ここ2試合を除けば、良い結果を残している。バルサ戦は非常に重要なゲームだったので、負けたことでチームは非常に動揺している。バルサ戦は教訓となったし、過去2試合の黒星がチームの団結に影響しないことを願っている」と話し、選手たちがまだ信頼してくれていることに絶対の自信を持っていると強調した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below