Reuters logo
サッカー=レアル、トットナムとウェンブリー初対戦
2017年11月1日 / 03:27 / 21日前

サッカー=レアル、トットナムとウェンブリー初対戦

[ロンドン 31日 ロイター] - サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督は、11月1日に敵地で行われる欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ、トットナム(イングランド)戦での勝利に向けて意欲を見せた。

 10月31日、サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督(写真中央)は、11月1日に敵地で行われる欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ、トットナム戦での勝利に向けて意欲を見せた(2017年 ロイター/JohnSibley)

レアルは29日のジローナ戦で敗れ、国内リーグでは開幕から10試合で2分け2敗を記録。首位でライバルのバルセロナに勝ち点8差をつけられ、連覇へ向けて厳しいスタートを切った。

選手の相次ぐ故障で、ファーストチョイスのGKケイロル・ナバスやラファエル・バラン、ダニ・カルバハル、ガレス・ベイルらは欠場するが、敗れたとしてもH組2位以内で予選通過する公算は高い。だが、ジダン監督は現状を打破し、ポジティブな方向へ進むために勝利を目指している。

同監督は記者会見で「我々は素晴らしいチームのトットナム・ホットスパー相手に良いパフォーマンスを見せる準備はできている。個人としては、常に同じ希望とモチベーションを持って仕事に臨んでいる。負けてから人々はハッピーではないが、ある意味で私はこの状況を悪く思わない。勝利へ向けて、大きな一戦へのモチベーションを持つことは良いことだと思う」と述べた。

さらに「厳しいときにこそ、私がベストを尽くす時だと思っている。難しい瞬間は必ず訪れるが、常に信頼し、より強くなって戻ってくることが大切だ。安心してほしい。選手たちはこの試合に向けて十分に準備が整っている」と続けた。

また、レアルが初めてウェンブリー競技場で試合を行うことについては「サッカー界でとても重要な場所だ。素晴らしい対戦相手と試合をするのに相応しいステージだと思う」とし、ジローナ戦の敗北から立ち直るためには完璧な場所だと話した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below