for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サッカー=欧州CL、レアルはドロー 昨季王者バイエルンは勝利

 サッカーの欧州CLは27日、各地で1次リーグ第2戦を行い、B組のレアル・マドリード(スペイン)はボルシアMG(ドイツ)と2─2で引き分けた。写真左はレアルのルカ・モドリッチ(2020年 ロイター/Uwe Kraft)

[メンヘングラッドバッハ(ドイツ) 27日 ロイター] - サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は27日、各地で1次リーグ第2戦を行い、B組のレアル・マドリード(スペイン)はボルシアMG(ドイツ)と2─2で引き分けた。

レアルは前後半にマルクス・テュラムにゴールを許し、2点ビハインドで終盤を迎えて敗色濃厚だったが、後半42分にカリム・ベンゼマが大会史上2人目の16シーズン連続得点で1点差に迫ると、同アディショナルタイム3分にはカゼミロが同点ゴールを決め、土壇場で黒星を免れた。

試合後、レアルのジネディーヌ・ジダン監督は「このようなドラマチックな展開になるとは思わなかった。われわれは常に勝利のためにプレーし、勝ちに飢えている。引き分けに満足はできなかった」と語った。

A組で昨季王者のバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)はロコモティフ・モスクワ(ロシア)に2─1で勝利。レオン・ゴレツカ、ジョシュア・キミッヒが得点した。

バイエルンは2連勝でA組首位、レアルは勝ち点1でB組最下位となっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up