July 10, 2019 / 12:10 AM / 11 days ago

米IBM、レッドハットの買収完了 クラウド強化へ

 7月9日、米IBMは、ソフトウエア大手の米レッドハットの買収を完了したと発表した。写真はIBMのロゴ。2月にバルセロナで撮影(2019年 ロイター/SERGIO PEREZ)

[9日 ロイター] - 米IBM(IBM.N)は9日、ソフトウエア大手の米レッドハットRHT.Nの買収を完了したと発表した。買収額は340億ドルで、同社の買収案件としては過去最大。レッドハット買収でクラウド事業の強化を狙う。

レッドハット買収は2018年10月に発表した。IBMは従来のハードウエア事業から、より成長率の高いクラウドやソフトウエア、サービス事業へと軸足を移しているが、必ずしも順調に進んでいない。

レッドハットは1993年創立。無償公開されている基本ソフト(OS)「リナックス」を専門に扱っている。レッドハットのジム・ホワイトハースト最高経営責任者(CEO)と経営陣は現職にとどまり、ノースカロライナ州ローリーにある本社も移転しない。IBM内で別部門として事業を展開し、人員やコストの削減は予定していない。

両社は今後、リナックスや「Kubernetes」など、オープンソースの技術をベースとした「次世代ハイブリッド・マルチクラウド・プラットフォーム」を提供すると説明した。

IBMのクラウド事業が売上高全体に占める割合は2013年以降6倍増え、25%に達した。2019年第1・四半期までの1年間のクラウド事業売上高は190億ドルを突破した。

レッドハッドは今後5年、売上高の年複利成長率に約2ポイント貢献する見通しという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below