October 3, 2019 / 1:14 AM / in 13 days

赤身肉控えても「健康上のメリットなし」、通説覆す調査結果公開

[30日 ロイター] - 食事に関する再調査で、赤身肉や加工肉の摂取を減らしても健康上のメリットはほとんどないという結果が報告された。これまで主要な国際機関が出してきたアドバイスとは矛盾する内容で、反発も起きている。

この報告は、医学学術誌「アナルズ・オブ・インターナル・メディシン」で発表された。

調査の共同責任者、ブラッドリー・ジョンストン博士は「約5万4000人を対象とした12件のランダム化比較試験では、赤身肉や加工肉の摂取量が少ない人における心臓病、がん、糖尿病のリスクにおいて、統計的に有意な、または重要な関連性は認められなかった」と指摘。

「菜食主義者や肉をあまり食べない人は、健康上の懸念を口にすることが多い。だが、肉を控える利点は不確かであり、利点はあったとしても非常に小さい」と付け加えた。

この調査については米ハーバード、イエール、スタンフォードなどの大学の医師らが公衆衛生上の理由から撤回を求めている。

なお今回の調査では、環境や動物福祉などの問題は考慮されていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below