July 28, 2016 / 4:32 AM / 2 years ago

米ベイン出資の温泉特化型REITが上場へ、200億円規模=関係者

 7月28日、米投資ファンドのベインキャピタルのファンドが、出資する温泉旅館チェーンを通じて不動産投資信託(REIT)を立ち上げ、東京証券取引所に上場する見通しになった。写真は東証。都内で昨年6月撮影(2016年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 28日 ロイター] - 米投資ファンドのベインキャピタルのファンドが、出資する温泉旅館チェーンを通じて不動産投資信託(REIT)を立ち上げ、東京証券取引所に上場する見通しになった。複数の関係筋がロイターに述べた。

REITを立ち上げるのは、大江戸温泉ホールディングス(東京都中央区)で、全国に31の旅館やスパなどの施設を経営している。ベインは大江戸温泉アセットマネジメントを通じて、大江戸温泉リート投資法人を立ち上げた。

関係筋によると、主幹事は野村証券とSMBC日興証券で、詳細は29日にも発表される。同REITは、温泉旅館や施設からの収益をもとに投資家に分配する。上場で調達する資金は約200億円となる見通し。

*写真を差し替えました。

藤田淳子 翻訳:江本恵美

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below