March 27, 2019 / 7:14 AM / 24 days ago

ルノー、12カ月以内に日産自動車との統合協議再開を目指す=FT

 3月27日、仏ルノーは12カ月以内に日産自動車との統合協議を再開することを目指しており、その後はフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)への買収案提示も視野に入れている。写真はサン=タヴォルで1月撮影(2019年 ロイター/Christian Hartmann)

[27日 ロイター] - 仏ルノー(RENA.PA)は12カ月以内に日産自動車(7201.T)との統合協議を再開することを目指しており、その後はフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)(FCHA.MI)への買収案提示も視野に入れている。フィナンシャル・タイムズ(FT)紙が27日、関係筋の話として伝えた。

FTによると関係筋は、今回の動きは2─3年前にルノーとFCAの統合について協議したカルロス・ゴーン前会長の戦略への回帰を示唆すると指摘した。

連合を組むルノー、日産、三菱自動車(7211.T)は、ルノーのスナール会長を議長とする新組織「アライアンス・オペレーティング・ボード」を設立した。FTによると、提携戦略を策定する体制を構築したことで、ルノーと日産は統合計画を進められると考えたという。

また、FCAも提携ないし統合を視野に同業と協議をしているとしている。

FTは、日産とルノーが取締役会を刷新する見通しだと伝えた。ルノーが取締役の数を減らす一方、日産は社外取締役を増やすとしている。

報道に対するルノーとフィアットからのコメントは得られていない。日産はロイターに対し、うわさについてはコメントしないと答えた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below