for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仏ルノー、下期にキャッシュフロー黒字に 第3四半期は8.2%減収

 10月23日、フランスの自動車大手ルノーは、コスト削減計画は順調で販売も回復しているとして、自動車部門のキャッシュフローは2020年末までに黒字に転換するとの見通しを示した。フランスのカーニュシュルメールで22日撮影(2020年 ロイター/Eric Gaillard)

[パリ 23日 ロイター] - フランスの自動車大手ルノーRENA.PAは23日、コスト削減計画は順調で販売も回復しているとして、自動車部門のキャッシュフローは2020年末までに黒字に転換するとの見通しを示した。

第3・四半期の売上高は104億ユーロ(123億ドル)と前年同期比8.2%減少したが、1─6月の35%減から改善した。

欧州では電気自動車(EV)「ゾエ」などが好調で市場シェアを拡大したと述べた。

ただ通年の業績予想は明らかにせず、来年の見通しは新たなロックダウン(都市封鎖)のため依然として不透明と説明した。

第3・四半期の自動車部門の売上高は販売台数の減少により落ち込んだが、利益率の高い高価格モデルに重点を置く戦略が一定の効果を上げた。

ルカ・デメオ最高経営責任者(CEO)は記者団に「第3・四半期は量よりも収益性を重視する営業方針の変更が際立った」と述べた。

欧州で同社の販売は2.9%減少したが、市場全体の5%減より小幅なマイナスにとどまった。9月は8%増加した。

ルノーは50億ユーロの政府保証付き融資枠のうち30億ユーロを利用したと明らかにした。

9月末時点の手元流動性は152億ユーロ。下半期に自動車部門のキャッシュフローが黒字に転換するとの予想を維持した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up