September 3, 2019 / 7:26 AM / 20 days ago

ルノー・日産連合の幹部、競合PSAの産業戦略ディレクターに指名

[パリ 3日 ロイター] - 仏ルノー(RENA.PA)と日産自動車(7201.T)の企業連合のシニアバイスプレジデント、アルノー・ドゥブフ氏が同ポストを辞任し、競合する仏PSA(PEUP.PA)の産業戦略ディレクターに指名された。PSAの広報担当が3日発表した。

 9月3日、仏ルノーと日産自動車の企業連合のシニアバイスプレジデント、アルノー・ドゥブフ氏が同ポストを辞任し、競合する仏PSAの産業戦略ディレクターに指名された。PSAの広報担当が同日発表した。写真は7月にフランスのランスで撮影(2019年 ロイター/Christian Hartmann)

ドゥブフ氏は1993年にルノーに加わり、企業連合のトップだったカルロス・ゴーン被告の元側近。

ルノーからは複数の幹部がPSAに移っている。

PSAのカルロス・タバレス最高経営責任者(CEO)は、ルノーの元ナンバー2。

ドゥブフ氏は、関係が悪化したルノーのティエリー・ボロレCEOから退社を迫られたとしている。

ドゥブフ氏は同僚に宛てたメールで「ティエリー・ボロレ氏から、誰も私とは働きたくないと言われた。日産への移籍も認められなかった」と述べた。

関係筋によると、ドゥブフ氏は日産で高く評価されており、日産の幹部ポストも提示されていた。

ルノーはコメントを控えている。

ゴーン被告の逮捕後、ルノーと日産の関係は緊張している。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below