February 16, 2018 / 8:37 AM / 4 months ago

仏ルノー、2017年通期は売上高と利益が過去最高 株価上昇

[ブローニュビヤンクール(フランス) 16日 ロイター] - フランス自動車大手ルノー(RENA.PA)は16日、2017年通期の売上高と利益が過去最高になったと発表した。決算を受けて株価は約3%上昇している。

 2月16日、フランス自動車大手ルノーは、2017年通期の売上高と利益が過去最高になったと発表した。写真はブリュッセルで昨年1月撮影(2018年 ロイター/Francois Lenoir)

営業利益は17.4%増の38億5400万ユーロ(48億4000万ドル)で、営業利益率は6.6%。売上高は14.7%増の587億7000万ユーロだった。欧州での堅調な需要が背景。

インクワイアリ・ファイナンシャルがロイター向けにまとめたアナリスト予想の中央値は、営業利益が36億5000万ユーロ、売上高は592億5000万ユーロだった。

自動車部門の営業利益は15.2%増の3億6300万ユーロ。最近統合したロシアのアフトワズ事業は含まれていない。生産コスト節減は1億8400万ユーロから6億6300万ユーロに増加した。

純利益は49.6%増の51億1400万ユーロとなった。

ルノーは配当を12.7%引き上げ1株当たり3.55ユーロとすることを提案した。

為替の影響によって通期利益が3億ユーロ減少したにもかかわらず、ルノーは2018年のグループの営業利益率を6%を上回る水準に維持する方針。

エバーコアのアナリスト、アーント・エリンホースト氏は決算について「ポジティブなサプライズとなった」と述べ、生産コスト節減が3倍超に増加したと指摘した。

ルノーはまた、6月の株主総会でカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)の再任を支持するよう株主に要請するとした。

同社は、ゴーンCEOが自身の給与の約30%引き下げに同意したことを確認した。

ゴーンCEOは、ルノーと日産自動車(7201.T)は統合を急いでいないとし、フランス政府がルノー株を大量保有している間は全面的な提携は不可能だとの考えをあらためて示した。

ルノーは日産に43.4%出資し、日産は三菱自動車(7211.T)の34%を保有。フランス政府はルノーの15%を保有している。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below