for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ルノー、上期の販売30%減 ロシア撤退で

[12日 ロイター] - フランスの自動車大手ルノーは、上期の乗用車販売が30%減少したことを明らかにした。ロシアから撤退したことが響いた。

世界販売は前年比29.7%減の100万台強。ロシアのアフトワズとルノー・ロシアの事業を除くベースでは前年比12%減。

朝方のルノー株は2.3%下落している。

JPモルガンによると、ウクライナ侵攻以前、ロシアはルノーにとって2番目に大きな市場で、利益の15%を占めていた。

ルノーはロシア撤退の影響のほか、半導体危機にも言及。ただ下期の半導体生産には明るい見通しを示した。

半導体の入手状況が改善しており、下期の半導体生産は上期を大幅に上回る見通しという。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up