for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仏ルノーのEV部門分離計画、23年までに1万人雇用も

 仏自動車大手・ルノーは5月12日、電気自動車(EV)と従来型自動車の生産を分離する計画から生じる2つの事業部門では、2023年までにそれぞれ1万人のスタッフを雇用する可能性があるとの見通しを示した。パリで2021年9月撮影(2022年 ロイター/Eric Gaillard)

[パリ 12日 ロイター] - 仏自動車大手・ルノーは12日、電気自動車(EV)と従来型自動車の生産を分離する計画から生じる2つの事業部門では、2023年までにそれぞれ1万人のスタッフを雇用する可能性があるとの見通しを示した。

同社は、化石燃料を使用しない自動車への転換を管理する2つの独立した事業体設立の選択肢を現在研究しており、秋に進捗(しんちょく)状況を発表する予定だとした。

発表文では「これらの戦略的考察の目的は、グループのさまざまな市場やアライアンス内の強みと専門知識を活用し、各技術を適応させることだ」としている。

ルノーは、EV生産に関わる仕事は仏国内に集約し、従来の自動車に関わる人員は海外に配置すると改めて表明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up