for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

革新機構がルネサス株売却へ、保有比率33.4%に低下

 4月32日、ルネサスエレクトロニクスは、普通株2億6287万0800株を売り出すことを決議したと発表した。このうち筆頭株主の産業革新機構が2億0335万9600株を売却する。写真は昨年4月都内で撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 3日 ロイター] - ルネサスエレクトロニクス6723.Tは3日、普通株2億6287万0800株を売り出すことを決議したと発表した。このうち筆頭株主の産業革新機構が2億0335万9600株を売却する。これにより、革新機構の保有比率は45.6%から33.4%に低下する。

売出価格は未定。日立製作所6501.Tも保有株を一部売却、出資比率は5.6%から3.7%に低下する。

革新機構はルネサスは成長段階に入ったとして、保有株を減らす方針を示してきた。今回の売却もその一環で、出資比率を低下させることでルネサスの経営の自由度を高める。

志田義寧

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up