June 11, 2020 / 2:11 AM / a month ago

世界の再生可能エネルギー発電投資、2019年は2822億ドル=調査

[ロンドン 10日 ロイター] - 世界の再生可能エネルギー発電事業への投資は2019年、前年比1%増加し2822億ドルだった。10日に公表された国連環境計画(UNEP)やブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスなどがまとめた調査で明らかになった。

米国の投資は28%増の555億ドル。税優遇措置の失効を前に事業が進んだ。一方、欧州は前年比7%減の546億ドルだった。

中国は834億ドルで、2013年以来の低水準となった。中国では政府が太陽光発電事業への補助を縮小している。

2019年の再生可能エネルギー発電投資は、化石燃料および原子力技術を利用した発電事業への投資を上回った。

石炭発電事業への投資は370億ドル。火力発電投資は470億ドル、原子力発電投資は150億ドルだった。

再生可能エネルギーの発電容量は、2018年から184ギガワット(12%)増えた。

報告書は「技術の向上やスケールメリット、入札での競争激化を背景に、風力と太陽光発電に関わる全てのコストは低下している」と指摘し「新たな太陽光発電所の電力コストは2019年下期に10年前と比較して83%低かった」と説明した。

一方、新型コロナウイルスの感染拡大で、ここ数カ月間にわたり再生可能エネルギー事業が停滞しており、2020年全体の投資に影響を及ぼす可能性があるとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below