for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE1: 住友不<8830.T>の2010年3月期業績予想は据え置き、マンション販売は好調

 [東京 6日 ロイター] 住友不動産8830.Tは6日、2009年4―6月の営業利益が前年同期比4.8%減の382億円になったと発表した。2010年3月期の営業利益予想は前年比7%減の1360億円で据え置いた。トムソン・ロイター・エスティメーツによる主要アナリスト17人の予測平均値1352億円と同水準になっている。

 4─6月期の業績は、マンションの竣工戸数が前年同期比で減ったことなどから前年比で減収減益となった。しかし、マンション販売の契約戸数は1115戸と前年比で457戸増え、3年ぶりの高水準となった。

 会見で同社の竹村信昭・財務本部長は、地方と首都圏で比較すると首都圏が好調で、なかでも都心のタワーマンションの販売がいいと指摘した。住宅ローン減税の効果などもあり「月を追うごとに契約戸数が増えている」と述べた。

 住友不は、こうしたマンション販売の好調をふまえ09年4─9月期の業績予想を上方修正したが、2010年通期見通しは据え置いた。販売の山場が「秋や年明けの2─3月にもあるため(通期は)ふたを開けてみないと分からない」(竹村氏)とし、慎重に見極める姿勢を示した。

記事中の企業の関連情報は、各コードをダブルクリックしてご覧ください。

(ロイターニュース 江本 恵美)

 ※(emi.emoto@thomsonreuters.com;03-6441-1816;ロイターメッセージング:emi.emoto.reuters.com@reuters.net)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up