for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロビンフッド、アプリダウンロード210万件に急増 取引制限でも

米ロビンフッド・マーケッツの証券取引アプリの先週の国内ダウンロード件数が210万件と、前週から394%急拡大したことが、調査会社センサー・タワーのデータから分かった。1月撮影(2021年 ロイター/BRENDAN MCDERMID)

[2日 ロイター] - 米ロビンフッド・マーケッツの証券取引アプリの先週の国内ダウンロード件数が210万件と、前週から394%急拡大したことが、調査会社センサー・タワーのデータから分かった。他の国内競合アプリのダウンロード件数も上回った。

ロビンフッドは先週、米ゲーム販売ゲームストップなど、急騰していた一部銘柄の取引を制限。個人投資家を犠牲にし、ウォール街を保護する措置だとの批判が上がっていたものの、同社のアプリ利用の勢いは衰えておらず、年内に新規株式公開(IPO)を控える中、投資家の懸念は和らぐとみられる。

JPモルガン・セキュリティーズのアナリストは、ロビンフッドのプラットフォームが「営業上の試練の時期となった先週、これまでにない成長を示し、今後も証券アプリ業界を大きく引き離す」との見方を示した。

センサー・タワーにデータによると、個人投資家による証券取引が活発化する中、競合のソーシャル・ファイナンスのアプリのダウンロード件数も先週900%、フィデリティも751%それぞれ急増した。

また、ロビンフッドは2日、ゲームストップのほか、映画館チェーンAMCエンターテインメント・ホールディングスや通信機器ノキアなどの5銘柄に対する取引制限を緩和。ゲームストップ株の購入制限は20株から100株に引き上げられた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up