May 29, 2020 / 12:05 AM / 2 months ago

小売業販売4月は13.7%減、マイナス幅過去2番目 外出自粛が直撃

経済産業省が29日に発表した4月の商業動態統計速報によると、小売業販売額(全店ベース)は前年比13.7%減となった。写真は都内の商業施設にある化粧品店。5月28日撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 29日 ロイター] - 経済産業省が29日に発表した4月の商業動態統計速報によると、小売業販売額(全店ベース)は前年比13.7%減となった。ロイターの事前予測調査では11.5%減が予想されていた。新型コロナウイルス感染防止拡大のため緊急事態宣言が全国で発動されたことが直撃し、消費増税前の駆け込み需要の反動で大きく落ち込んだ1998年3月以来、過去2番目のマイナス幅となった。

業種別では、外出自粛が響き、衣類が前年比53.6%減、自動車が同23.7%減、ガソリンなど燃料が21.7%減など大幅に減少した。一方、感染防止需要や、自宅での食事需要拡大により、医薬品・化粧品は前年比3.0%増、飲食料品は同0.6%増となった。

業態別では、百貨店が訪日外国人向け需要の蒸発で71.5%減となったほか、コンビニエンスストアがオフィス街の来客減などで10.7%減となった。家電量販店も生活家電やカメラの不振で9.0%減だった。

一方、外出自粛と除菌需要の押し上げにより、ドラッグストアが10.4%増、ホームセンター4.0%増、スーパーは3.6%増となった。感染対策に使用されるアクリル板や、巣ごもり拡大による園芸品などの販売が伸びた。

*内容を追加しました。

竹本能文 編集:石田仁志

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below