June 28, 2018 / 12:20 AM / 5 months ago

小売業販売額5月は前月比減、燃料以外は全滅 天候不順や車販売不振

 6月28日、経済産業省が発表した5月の商業動態統計速報によると、小売業販売額(全店ベース)は季節調整済み前月比は1.7%減と落ち込んだ。写真はドラッグストアの店先。2015年7月に東京で撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 28日 ロイター] - 経済産業省が28日に発表した5月の商業動態統計速報によると、小売業販売額(全店ベース)は季節調整済み前月比は1.7%減と落ち込んだ。燃料小売業以外のすべての業種で減少となった。前年比では0.6%増の11兆8370億円、7カ月連続で増加したが、燃料価格上昇が下支えした形だ。自動車販売の不振が続いているほか、衣料も天候不順で大幅減少となるなど、全般に不振だった。

季節調整済み前月比は、今年1━3月期が4四半期ぶりに減少となったのに続き、4月の伸びを5月の減少が打ち消した結果、指数の水準は今年に入り最も低くなった。

小売業という販売側の統計には物価の上昇分も反映されているが、それでも増勢とは言い難い結果となっている。経済産業省は後方3カ月移動平均で分析し、「横ばい傾向にある」との判断を示している。

前年比では今年に入って1%以上の伸びが続いていたが、5月は1%を割り込み、伸びは最も低くなった。

辛うじて増加を支えたのは燃料小売業。数量ベースではさえないが、ガソリン価格など石油製品の価格上昇で売上高は前年比2桁増が続いている。このほか、飲食料品も増加が継続。野菜の相場高は収まっているが、肉類・惣菜の販売好調が支えている。

他方、落ち込んでいるのが自動車販売。前年比では5カ月連続の減少となっている。新車販売が一巡したことも要因の1つ。また衣服・身の回り品も、大型連休中の気温低などで夏物衣料が不振だったことから大幅に減少した。

*内容を追加しました。

中川泉 編集:  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below