for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米財務長官ら、株価乱高下で協議 市場インフラ強固との認識で一致

 イエレン米財務長官(写真)と規制機関のトップは2月4日、交流サイト(SNS)「レディット」で取り上げられたゲーム販売のゲームストップ株など一部の銘柄が乱高下した問題について協議した。2017年12月、ワシントンで撮影(2021年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 4日 ロイター] - イエレン米財務長官と規制機関のトップは4日、交流サイト(SNS)「レディット」で取り上げられたゲーム販売のゲームストップ株など一部の銘柄が乱高下した問題について協議し、ボラティリティ-が高く、取引高が急増した局面でも金融市場の中核インフラは強固だったとの認識で一致した。

財務省が同日、声明で明らかにした。

協議にはイエレン長官と、証券取引委員会(SEC)、連邦準備理事会(FRB)、ニューヨーク連銀、商品先物取引委員会(CFTC)のトップが参加し、市場の機能や株式、コモディティー(商品)、関連市場での最近の取引慣行が議題になったという。

SECが適切な時期に今回の問題に関する調査結果を公表することが重要との認識でも一致した。SECとCFTCは、取引慣行が投資家保護と公正で効率的な市場に沿ったものであるかを検証する。

財務省の声明は「イエレン長官はこれら市場の完全性を守り、投資家保護を図ることが必須だと認識している」とした。

*内容を追加します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up