for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バイデン氏、足元コロナ救済策に注力 その後回復支援へ

バイデン次期米大統領が景気回復に向けた包括的な措置を打ち出す前に、即時の新型コロナウイルス救済策の実施に注力する考えと、国家経済会議(NEC)委員長に就任するブライアン・ディーズ氏が13日明らかにした。デラウェア州ウィルミントンで昨年12月撮影(2021年 ロイター/JONATHAN ERNST)

[13日 ロイター] - バイデン次期米大統領が景気回復に向けた包括的な措置を打ち出す前に、即時の新型コロナウイルス救済策の実施に注力する考えと、国家経済会議(NEC)委員長に就任するブライアン・ディーズ氏が13日明らかにした。

ディーズ氏によると、バイデン次期大統領の経済計画は「救済」と「回復」に向けた措置の2つを柱とするが、まずは国民への2000ドルの現金給付や幅広いワクチン接種計画向け支出など、新型コロナ禍の影響を切り抜けるのに必要な支援を目指すという。

バイデン氏の政権移行チームはすでに民主・共和両党の議員に素案を説明しており、14日に公表する見通し。

また、新技術への投資拡大による環境問題への対応を、雇用創出に向けた取り組みの柱に位置付けるという。

ディーズ氏は、バイデン氏が公約に掲げる地球温暖化防止の国際枠組み「パリ協定」への復帰は、環境問題への対応における「初めの一歩」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up