May 22, 2018 / 4:32 AM / 3 months ago

ロシアのW杯開催地、レストラン評価で偽投稿 勧誘会社が認める

[モスクワ 21日 ロイター] - 来月ロシアで開催されるサッカーワールドカップ(W杯)の会場となる都市で、旅行口コミサイトでのランキング順位を上げるため、レストランに偽のレビューを投稿する行為が広く行われていることが明らかになった。その仕組みを提供しているロシアのマーケティング会社が認めた。

この会社は、旅行の口コミサイト「トリップアドバイザー」の偽投稿検出アルゴリズムに見破られずに外国語でレビューを書くことが可能だとうたい、3万5000ルーブル(約6万3000円)を支払えばトリップアドバイザー上の上位10位以内に入れると勧誘した。

ロイターがこの会社に取材すると、サービスを提案したことを確認したが、レストランと偽投稿を行うフリーランスの人物とを仲介したかっただけと釈明した。偽投稿は広く行われているが、関与した会社がこれほど公然と認めるのは異例。

試合開催地のレストランをロイターが2カ月にわたって追跡すると、怪しげな投稿でランキングが大きく上がった店が幾つか見つかった。

カリーニングラードのスタジアムに近いイタリアンレストランでは、半月ほど前まで、ユーザーの評価が投稿されるのは週に1度程度だった。ところが突然この店が多数の高評価を得て、同サイト上で28位から2位にまで急浮上した。

トリップアドバイザーは、「ランキング操作を狙ういかなる企てにも反対する。われわれの専門捜査チームは、金銭目的の偽投稿勧誘の動きを捉えたり、予防的行動を取ることにかけて、きわめて効率的だ」と説明した。

 5月21日、来月ロシアで開催されるサッカーワールドカップ(W杯)の会場となる都市で、旅行の口コミサイト「トリップアドバイザー」でのランキング順位を上げるため、レストランに偽のレビューを投稿する行為が広く行われていることが明らかになった。写真は2016年5月撮影(2018年 ロイター/Mike Blake)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below