for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

2月のコメ相対取引価格が最安値、需要減少に懸念も

 4月3日、農水省によると、2月のコメの相対取引価格が、比較可能な統計をとり始めた2006年以来最安値となった。都内で昨年10月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 3日 ロイター] - 農水省によると、2月のコメの相対取引価格が、60キロ当たり1万2044円と、比較可能な統計をとり始めた2006年以来最安値となった。農水省が発表した2014年産米の全銘柄平均価格は1月を0.3%(34円)下回り、収穫された9月以来、5カ月連続で価格が低下した。

農水省では「価格は、民間在庫水準や供給、取引状況など様々な要因によって市場で決まる」としているが、農協関係者は、価格下落の背景として、少子高齢化や消費者の米離れで需要が減少していると懸念する。

JA全農の岩城晴哉常務理事は2日、事業説明会で、コメ価格の低迷が続き、生産現場に混乱が起きていると危機感を示し、「価格は需給で決まるが、(60キロ)1万2000円とすれば、ご飯1ぱい21円。この水準は安いのではないかということは理解してもらえる」と強調した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up