June 6, 2018 / 5:50 AM / 2 months ago

ドイツの極右政治家、湖で水泳中に服を持ち去られる

[ベルリン 5日 ロイター] - ドイツ紙「メルキッシェ・アルゲマイネ」は5日、極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」のアレクサンダー・ガウラント共同代表(77)がベルリン郊外の湖で水泳中に衣服を盗まれ、下着姿で歩いて警察署に現れたと報じた。

 6月5日、ドイツ紙「メルキッシェ・アルゲマイネ」は、極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」のアレクサンダー・ガウラント共同代表(77)がベルリン郊外の湖で水泳中に衣服を盗まれ、下着姿で歩いて警察署に現れたと報じた。写真は16日撮影(2018年 ロイター/Hannibal Hanschke)

この出来事は先月29日に起きた。ガウラント氏が同紙に語ったところによると、他のスイマーが、強盗らは「ここはナチスが水泳する場所ではない」などと叫びながら服を持ち去ったと教えてくれたという。

ガウラント氏は「鍵がズボンに入っていたため、家の施錠を全部取り替えなければならなかった」と話した。

警察によると、盗みは政治的な動機があったようで、調査中だという。

ガウラント氏は挑発的な発言で知られる。党の集会で、1000年に及ぶドイツの輝かしい歴史において、ヒトラーやナチズムは些細なことなどと発言して非難を浴びていた。

ソーシャルメディアでは、下着姿で警察の近くを歩いているガウラント氏の写真が拡散された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below