for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米老舗サーカスが146年の歴史に幕、ゾウのショー中止が痛手に

 1月14日、米老舗サーカス団である「リングリング・ブラザーズ・アンド・バーナム・アンド・ベイリー・サーカス」が、146年にわたった活動を5月をもって終了すると明らかにした。チケットの販売減と営業コストの高さが理由としている。写真は昨年4月撮影(2017年 ロイター/Andrew Kelly)

[14日 ロイター] - 米老舗サーカス団である「リングリング・ブラザーズ・アンド・バーナム・アンド・ベイリー・サーカス」が14日、146年にわたった活動を5月をもって終了すると明らかにした。チケットの販売減と営業コストの高さが理由としている。

サーカス団の親会社であるフェルド・エンタテインメントのケネス・フェルド会長兼最高経営責任者(CEO)は、サーカス団のウェブサイトで「多くの検討と熟慮の結果、私と家族は、厳しいビジネス上の決定を下した。リングリング・ブラザーズ・アンド・バーナム・アンド・ベイリー・サーカスは、5月に最終公演を行う」と述べた。

サーカス団は昨年5月、動物愛護団体などによる度重なる訴訟を経てゾウのパフォーマンスを終了。フェルド会長は、「ゾウたちの引退」以後、チケットの販売が一段と激減したと説明している。

動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)」は、「野生動物にとって地上で最も悲しいショーの終了を賞賛する。これは転機の印であり、他の動物サーカス団にも追随を求める」と述べた。

最後のショーは、5月7日のロードアイランド州プロビデンスの公演と、同21日のニューヨーク州ユニオンデールでの公演となる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up