April 5, 2018 / 3:10 AM / 7 months ago

サッカー=元イングランド代表ウィルキンス氏が死去、61歳

 4月4日、サッカーのイングランド代表で主将を務めたレイ・ウィルキンス氏が、搬送されていたロンドン市内の病院で死去した。英ノーリッチで2014年1月撮影(2018年 ロイター)

[ロンドン 4日 ロイター] - サッカーのイングランド代表で主将を務めたレイ・ウィルキンス氏が4日、心不全のためロンドン市内の病院で死去した。61歳だった。

ウィルキンス氏は3月31日に病院へ搬送され、昏睡状態に陥っていた。

イングランド代表では1976─86年にかけて84キャップ。イングランドではチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドなどのほか、ACミラン(イタリア)やパリ・サンジェルマン(フランス)でもプレーした。

引退後はチェルシーのコーチやヨルダン代表監督などを務めた。

同氏の死去に当たり、チェルシーやACミラン、元イングランド代表のガリー・リネカー氏やリオ・ファーディナンド氏らがお悔やみの言葉を寄せた。リネカー氏は「素晴らしいサッカー選手であり、愉快な男だった。代表で共にプレイできたのは喜ばしいことだった」と悔やんだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below