February 1, 2018 / 5:04 AM / 6 months ago

パリのリッツホテル、ヘミングウェイ使用の家具など競売へ

[パリ 31日 ロイター] - 創立120年の歴史を持つパリのリッツホテルは、改装に伴い収納場所を失った3500点を超える家具や芸術品の売却を決定した。かつて作家マルセル・プルーストが座ったサロンのソファや、ヘミングウェイ、F・スコット・フィッツジェラルドらが使ったバーのスツールなどが含まれるという。

 1月31日、パリのリッツホテルは、改装に伴い収納場所を失った家具や芸術品の売却を決定、作家マルセル・プルーストが座ったサロンのソファや、ヘミングウェイ、F・スコット・フィッツジェラルドらが使ったバーのスツールなどが含まれる(2018年 ロイター/Jacky Naegelen)

売却は4月17─21日、競売会社アールキュリアルが実施する。目を引くものとしてはほかに、ルイ16世様式の犬用寝台(推定200─300ユーロ、約2.7万─4万円)、理髪師用の腰かけ(400─600ユーロ)、リッツのモノグラム入りミニバー(300─500ユーロ)、バーのスツール3脚(1000─1500ユーロ)など。売却による総収益は100万─150万ユーロとみられている。

リッツホテルは1898年に建設、4年にわたる改装工事を経て2016年に再オープンし、現在は客室とスイートがそれぞれ71室あるる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below