June 5, 2018 / 12:40 AM / 17 days ago

テニス=地元フランス勢が全滅、全仏OPシングルス

[パリ 4日 ロイター] - テニスの四大大会の第2戦、全仏オープンは4日、パリのローランギャロスで女子シングルス4回戦を行い、第7シードのキャロリン・ガルシア(フランス)は第12シードのアンゲリク・ケルバー(ドイツ)に2─6、3─6で敗れた。

 6月4日、テニスの四大大会の第2戦、全仏オープン女子シングルス4回戦、第7シードのキャロリン・ガルシア(写真)は第12シードのアンゲリク・ケルバーに2─6、3─6で敗れた(2018年 ロイター/Pascal Rossignol)

ガルシアは36ものアンフォーストエラーで自滅。ケルバーにプレッシャーをかけることができなかった。

ガルシアが負けたことにより、今大会のシングルスで地元フランス勢は全滅。男子では4回戦の前にフランス勢は姿を消していた。

第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)、第3シードのガルビネ・ムグルサ(スペイン)は勝ち上がったが、第2シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)は敗退した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below