for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英ロールス・ロイス、工場一時閉鎖など追加コスト削減策検討=FT

[26日 ロイター] - 英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は26日、英航空機エンジン大手ロールス・ロイス・ホールディングスが新たなコスト削減措置の一環として、複数の工場の一時閉鎖、労働時間の短縮、諸手当の削減を計画していると報じた。

また英西部ランカシャーのバーノルズウィックにある同社最古の部類の工場では、生産の一部をシンガポールに移転する提案に従業員が抗議し、11月6日から3週間のストライキを構えているという。

FTが関係筋の話として伝えたところによると、ロールス・ロイスは先週従業員に対し、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受けた航空機需要の急減に対処するためのコスト削減の取り組みの中で、新たな措置を検討しているとメールで通知した。

民間航空宇宙部門のトップ、クリス・チョラートン氏はFTに対し、同社が従業員にメールを送ったことを認める一方、管理コストを3分の1削減する意向だが、今年発表された9000人のほかに新たな人員削減は計画されていないと説明した。

同社の報道担当者はロイターに対し、5月に発表されたリストラ計画の一環である提案について数週間以内に最新情報を従業員に伝える方針だと述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up