for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ノルウェーの露大使館、ロールス・ロイス事業売却差し止めに懸念

ノルウェー政府が、英ロールス・ロイス傘下のエンジン部門をロシア企業に売却する計画を差し止めた問題を巡り、オスロのロシア大使館は「深刻な懸念」を表明した。ロンドン市内で昨年10月撮影。(2021年 ロイター/Peter Cziborra)

[オスロ 10日 ロイター] - ノルウェー政府が、英ロールス・ロイス傘下のエンジン部門をロシア企業に売却する計画を差し止めた問題を巡り、オスロのロシア大使館は「深刻な懸念」を表明した。

ノルウェー法務省は9日、ロールス・ロイスが傘下のベルゲン・エンジンをロシアのTMHグループに売却する計画について、安全保障上の観点から調査するため差し止めを命じたと明らかにした。

これに対しロシア大使館は「(TMHグループは)知名度の高い民間企業であり、長年にわたって国際的に事業展開を行っている。ノルウェーの反ロシア的とも受け取れる見解は重大な懸念を引き起こす」と指摘した。

ロールス・ロイスは2月、経営立て直しに向けた資産売却計画の一環でベルゲン・エンジンを1億5000万ユーロ(1億7800万ドル)で売却する計画を明らかにしていた。ベルゲン・エンジンは北大西洋条約機構(NATO)のメンバーであるノルウェー海軍に製品を納入している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up